WORK

勉強しても成果がでない2つの理由と誰でもできる対策を徹底解説

勉強の成果がでな理由と対策
勉強の成果が出ずに悩んでいる人
勉強の成果が出ずに悩んでいる人
勉強してるのに成果がでなくて辛い。
頑張ってるのになんで成果がでないんだろう。
勉強して成果をだしたいのでそのための情報が欲しい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 勉強しても成果がでない2つの理由
  • 勉強の成果をだすための2つの対策

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、会社で200人の後輩を持つ管理職として働いてます。
部下から勉強を含めたキャリアアップの悩みの相談を受けるのも業務の一つです。

 

年齢を問わず勉強の成果がでないと辛いものですよね。

本記事ではその辛さを解消できるように、勉強の成果をだすための対策について解説していきます。

実際に僕自身は、今回の記事でご紹介する対策について相談を受けた後輩に伝えることで、後輩のキャリアアップを何度も支援することができています。

勉強して成果をだすための対策を学ぶことで、誰でも欲しい成果が手に入るようになります。

5分かからずに読めるので、勉強して成果をだしたい人は最後まで読んでみてください。

勉強しても成果がでない理由

勉強の成果がでない理由を知る

勉強しても成果がでない理由は大きく分けて以下の2つが原因です。

  • 成果の捉え方が大きすぎる
  • 成果を急ぎすぎている

この2つについて詳細を解説していきます。

成果の捉え方が大きすぎる

多くの人が間違えがちですが、大きい成果だけ捉えていると成果を感じることはできません。

なぜなら勉強の成果は、すぐ目に見える形で現われることはないからです。

以下に2つの例を用意しました。

この目標は達成できるでしょうか。

  • 今まで資格の勉強をしたことない人が、翌日の資格試験に合格する
  • 昨日まで英語の聞き取りができなかった人が、今日英語が聞き取れるようになる

 

答えは当然「無理」ですよね。

このように大きい成果だけ捉えていると、成果を感じることはできません。
そのため「勉強しても成果がでない」と感じることになります。

わかりやすいように極端な例を挙げましたが、部下から勉強関連での相談を受けると、大体大きい成果だけ捉えていることが多いです。

成果を急ぎすぎている

勉強の成果を急ぎすぎている人は、成果を感じることができません。

なぜなら一生懸命勉強しても、少なくとも1年や2年は勉強しないと大きな成果や目に見える成果は現れないことの方が普通だからです。

先ほどの「英語の聞き取りができる」で段階付けしてみます。

  • STEP1
    英単語の意味と発音を知る
  • STEP2
    文を読み上げたときの音の抑揚を知る
  • STEP3
    毎日英語の音に触れる
  • STEP4
    英語の聞き取りができるようになる

 

こんなところでしょうか。

まっさらな状態で最初のステップから始めたとすると、どれだけ勉強しても実用レベルで聞き取れるようになるには半年や1〜2年はかかるものです。

1ヶ月や2ヶ月で成果はだせないの?

付け焼き刃ではなく自分の力にする前提で言うと、無理です。

学生時代のテストで良い点をとるだけならなんとかなりますが、自分の実力をつけるのであれば半年や1~2年はかかります。

それに1ヶ月や2ヶ月といった短い期間で得られる成果は、さほど努力を積み重ねなくても得られるものばかりです。

ですがあなたが本当に求めている成果は、自分の実力として身に付けたい成果なはずです。

その成果は1年や2年頑張り続けた結果得られるものなのです。

なので、1ヶ月や2ヶ月勉強を頑張っても本当に求めている成果が得られることはありません。

勉強して成果をだすための対策

成果を出すための対策

ここからは成果をだすための対策を解説します。
成果をだすための対策は以下の2つになります。

  • 成果を細かく区切る
  • 成果を急ぎすぎない

この2つについて詳細を解説します。

成果を細かく区切る

成果を細かく区切ることで、成果を感じやすくなります。

例で挙げた「英語の聞き取りができる」の「単語の意味と発音を知る」で考えると以下の通りです。

  • 単語の意味や発音を知る

    →知っている単語が1つ増えた
    →聞き取れる単語が1つ増えた
    →解けなかった問題が少し解けた
    →少しわかることが増えた

ほんの一例ですがこのように成果を細分化することで、小さな成果をしっかりキャッチできるようになります。

小さな成果をキャッチできれば辛さを感じにくくなるので、成果を細かく区切ることは重要です。

 

成果を細かく区切ることで大きなメリットもある

昨日より今日を大事にする小さな成果をキャッチできることで、本当に求めていた成果を得ることができるようになります。

なぜなら小さな成果は以下の好循環を生むからです。
具体的には以下のような好循環を生むことができます。

小さな成果に気付けて達成感がある

幸福度が上がる

勉強を頑張る原動力になる

勉強を続けられる

求めている成果を出すことができる

この好循環を生むことができれば、本当に求めている成果をだす努力を続けられるようになります。

その結果として求めている成果を得ることができるようになります。

なので成果を細かく区切って、小さな成果をキャッチするようにしましょう。

成果を急ぎすぎない

本当に求めている成果を得るには時間がかかります。

実力は簡単に身につくものではないからです。

このことを理解しておくと、成果を急ぎすぎてしまうこともなくなります。
そうして心にゆとりが生まれると、小さな成果をキャッチしやすくなります。

小さな成果をキャッチすることの重要性は先ほど解説した通りです。

なので本当に求めている成果を得るには、時間がかかることを理解しておくと良いです。

まとめ:小さな成果が大きな成果につながる

小さな成果を大きな成果につなげる

勉強の成果がでないことの理由と対策について解説しました。

せっかく勉強をするなら小さな成果を感じて、目標とする大きな成果を出せるまで継続できるようにしたいものですよね。

最後に本記事の確認をします。

本記事のまとめ
  • 勉強の成果がでない理由は2つ

    →成果の捉え方が大きすぎる
    →成果を急ぎすぎる

  • 勉強の成果をだすための対策

    →成果を細かく区切ることで小さな成果をキャッチして、本当に求める成果を得られるまでの好循環を生み出す
    →本当に求める成果を得るには時間がかかることを理解する

今回説明した内容を実践すれば、勉強で成果がでないと嘆くこともなくなり、本当に得たい成果をだすことに集中できるようになります。

しっかり実践して、自分の実力をつけてください。